子ども主体のストレートな表現を大事にしてあげればいいと気づかせていただきました。

 

今までは、子どもに描かせるときに、ちゃんとそのものに見えないといけないと思い込んでいました。しかし、絵画研修を受けて、子ども主体のストレートな表現を大事にしてあげればいいことに気づかせていただきました。

こんなふうに見せなければいけないという固定概念にとらわれなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA